人と心と教育のバリアフリー。
0歳からの幼児教育で、豊かな子育て
会社案内プライバシー保護に関してお問い合わせサイトマップ
●右脳幼児コース

●右脳小学生コース

●小学校受験コース

●小学特訓コース

●障がい児コース

●母親講座









小学校受験クラス

過去の掲示板発言です。

■ 受験クラスを楽しむ
■杉浦 (527) 投稿日:2000年4月6日<木>19時56分

この3日で、1番楽しかったのが受験クラスです。
1年振りの受験指導を楽しみました。

面接練習に入った時、「いつもは何をしているの?」と聞くと
とんちんかんな「セロテープを使ったことがない」という返答です。
そこで・・・
割り箸・輪ゴム・マカロニ・マメ・カラフルシール・爪楊枝・等などをかき集めました。
クレパスと小物を使い、紙にセロテープで貼りつけるように指示。
面接をしながら保護者に授業内容の説明をし終えて、振りかえると。。。。
廃材がスッカラカン。
みんなの画用紙の上は、立体的でカラフル春爛漫!遊園地♪
みんなとっても楽しそうで、先生も心から嬉しいです。


■ ステキな受験クラス質問会
■杉浦(607) 投稿日:2000年6月14日<水>23時06分

受験経験者のお二人から、本音の素晴らしいお話をたくさん聞かせて頂きました。
お二人は、堂々と胸をはって、外では話さない心の中の決意を話してくださいました。
中でも印象に残った内容が幾つかあります。

・親が受験を迷うなら、止めた方がいい。
・子供の成績が伸びない愚痴は、全て自分の痛みを守っているだけ。
・しつけは最低限の常識だから、親の言う事を聞かない子は、他人の言う事を聞くはずがない。
・いつ、どんな時に見られても良いようなしつけを行う。
・子供の病気を理由に勉強させる手を緩めるのは、親が逃げているだけ。
・受験をするのだということにコミットし続けることが大事。
・模試は、成績がダントツに自信がついてから受けること。それがお守りになる。
・遠方の夏期講習は、通学時間が無駄。大事なのは、家庭での学習。
・日々の学習をおろそかにして成功はあり得ない。
・(祖父母が反対する・祖父母が甘やかす・祖父母の口が悪い)に対して、
 家族は子供の人生に責任を持たない。自分が責任を持つのだという自覚が必要。
・最後は子供を信じるだけの・自分を信じるだけのことをやり切ること。
・みなさんが合格するためなら、どんな協力も惜しまない。

受験したママ達の話を聞いていて、この方達は、自分の心の暗闇と真摯に対峙してそして越えてこられた強くて素晴らしい方々だなーと感動しました。

参加さなった皆さんが自分を振り返って、泣きたい気持ちだと正直におっしゃっていました。

今日、お二人に来て頂いた「成果」は、必ずや見えてくるでしょう。
ありがとうございました!!! 
感謝・感謝・感謝      そしてお二人の真摯な気持ちに  合掌



Copyright(C)HARK All Rights Reserved  since 1998.12.07